癌の転移は早い|免疫を向上して悪いものを排出しよう

男性

日本人に多いがん

医者

胆管がんは日本人に比較的多く見られるがんの一種で、治療が難しく大手術が必要な場合もあります。抗がん剤が効きにくいとされていましたが、現在では薬でがんを縮小させ、手術で取り除くことも可能になっています。

» 詳細

異常細胞を除去する治療

会社の健康診断では癌の転移を発見することは難しいと考えられています。基礎知識をしっかりと調べておくようにしましょう。

手術と薬と放射線

お腹を押さえる男性

癌の治療は、主に2種類の方法でおこなわれています。まずは、多くの異常細胞が集まることでできている腫瘍を切り取るという治療です。異常細胞は、腫瘍を中心として細胞分裂をおこない、増えていきます。そのため腫瘍を切り取れば、異常細胞が増えていくことが防ぎやすくなるのです。そしてもうひとつの治療が、血液やリンパなどによって体中に運ばれた異常細胞を、転移防止のために除去するという治療です。これには主に、抗癌剤や放射線が使われています。抗癌剤は、多くの場合は飲み薬となっていて、服用することで全身で効果を発揮します。放射線は、異常細胞が多く集まっていると考えられる部位に照射されます。これらにより、目には見えないため切り取ることができないような小さな異常細胞も、体から除去されていくのです。そのためこれらによる治療は、転移防止だけでなく、手術後の再発防止のためにもおこなわれています。

免疫細胞を使った治療

また、昨今では転移防止や再発防止のために、免疫細胞を使った治療もおこなわれるようになっています。免疫細胞とは、体内の異質な存在を除去する細胞です。したがって異常細胞もまた、免疫細胞のターゲットとなり、除去されるのです。免疫細胞療法は、体内にもともと存在している免疫細胞の数を、培養によって数百倍に増やすという方法でおこなわれています。免疫細胞が増えれば増えるほど、多くの異常細胞が撃退されていき、転移や再発が防ぎやすくなります。続けることで、癌を完治させることも可能となっているのです。免疫細胞は、異常細胞だけでなくウイルスや細菌なども撃退します。体を様々なトラブルから守ることができるため、健康体で長生きするために、免疫細胞療法を受ける人は増えていくと考えられています。

胆管に発生するがん

苦しむ人

胆管がんには悪性腫瘍ができた部位や発育の仕方がいろいろあるので、受診や治療の際は悪性腫瘍の治療に詳しい医師のもとへ行くと診断が的確です。特徴的な症状があるので、当てはまる症状がみられる場合は念のために病院で検査を受けると良いと思います。

» 詳細

大腸がんの1つ

院内

直腸がんが大腸がんの中で直腸にできるがんを言い、結腸にできるがんと比べても割合的には少なくありません。肛門に近い部分にあるため、排便に変化が見られることも多いですが、それに気づかない場合もよくあります。直腸がんは初期のうちに発見できれば治療の負担が少ないので、定期的な検査が役立ちます。

» 詳細